11月26日 月

f:id:kapparikishi:20181127205820j:image

昼前に起床。

幾分、調子は戻った。でもやっぱり、なんか身体が重い、というか、遠い、というか。今日は水深1・8メートルくらい。潜ったことないけど。活力を得るために、揚げ物を作るべきではないかという考えに至る。脂っこいものを食べたい、というよりも、時間をかけて自炊をするべきだという使命感。すべては気の迷いである。

しかし米を切らしているのだった。うーむ、まあいいか。おかずだけでも。米買って、しょって帰るには、パワーゲージが足りない。ガチガチに冷凍してある豚ロースを湯煎で解答。卵とジュノベーゼソースにつけ、パン粉まぶして植物油で揚げる。つけあわせに、じゃがいも、皮むくのも面倒なので、そのまま塩降って、蒸す。野菜のきれっぱしもいい加減に炒めたり蒸したりしてデッチあげる。こうして特に華のない、ふつうの食事が完成するのだった。特に元気になったりはしなかった。

吉祥寺に出て、百年、一日、ジュンク堂、ルーエを徘徊。なんか西友の一階ににこじゃれたカフェが出来ていたので、入る。メールその他チェック、今週の〆切の件でやりとり。データ送ってきていたが、まあ、やっつけだなーというのが一目でわかる。げんなり。せこせこと作業。2時間で飽きる。チラチラ本読んだり、ぼーっとしたり。

大迫さんから、新しい歌詞送られてきた。土踏まずがほしい~みたいな。俺も欲しいぞ。閉店と同時に帰宅。ギターで2時間弱、コードをいじくって、作曲。メロウになった。明日になったら、アンプ通して録音しよう。

松村、永井、みどり、えみちゃんなどと連絡。週の頭は皆、次の予定を求めている。

『帰れない山』読了。